- arthur ladys blog -
  
本物のシェットランドニット★
rivegauche新着(Shinzoneシンゾーン取り扱い店)
こんにちはー。気付けばまた1週間…。

最近多忙の為、また間があいてしまってました。。。

気をつけなければ。



そんな間にも新作ニットがまた入荷しました!

タイトル通り『本物のシェットランドニット』です。



こちらですー現在全6色!!(あと1色あったのですが・・)



~シェットランドセーターとは~

スコットランドにおけるシェットランド諸島で編まれたセーターのことを指す
一般的にはシェットランド羊毛で編まれたセーターのことを指すことの方が多い。
またそれに似せた作りのセーター。



と言う事らしいですが、やはり本物と謳うにはメイドインスコットランド、もしくは

メイドインアイルランドでなくてはならないとのうんちくもあるようです。

そしてこちらは、、

1929年創業の高品質ニットメーカー。ニットの聖地スコットランドで長年ニットを生産

し続けている老舗で英国を代表する工場のニットです。



カラー紹介




ホワイト(真っ白でなくナチュラルです)


ラベンダーぽいブルー


サックスとグレージュ(グレーのようなベージュ系)


ピンク


レッド

シェットランドニット特有の起毛感ですが、あざみ(植物)のトゲでひっかいて

ワザとつけてるそうなのですが、、そのふわふわの起毛感がこちらのニットの

カラーをより引き立てているように感じます。

(でもそういえばインポートニットでなぜか枯れ草みたいな物が付いてるのが

たまにあった気がする。。と訃に落ちました)






正統派にBDシャツとの重ね着もおすすめです★

脇に縫い目がないシームレスな作り&何と言っても発色の良さと軽さも

本物の証です。

あとこちらシェットランド特有のザリザリ感が気になりません!

そういう物と言われても・・女性はやはり着心地気になりますよね~。。



インポートブランドってカラー見本が無数の糸や生地そのもので、そこから

何色でも作れますよー。というオーダーが多いのですが、、、

こちらも例に漏れずそのような状況でしたので、かわいくてこんなにたくさんの

カラーとなってしまった経緯もあります。

ミックス感のあるカラーも昔ながら・・って感じが漂っていておすすめですし

シンプルな単色もやはり普通に使いやすくて良いな~と思います!

ちなみにサイズは、正統派過ぎない感じに見えるよう少しゆったりで選んで

います。




fc2blog_201312051440422a4.jpg


そろそろ台湾がまた気になってきました。新しい台湾本があるとつい

買ってしまいます。(渡辺直美のですけど食べ物が当たり情報そうなので・・)

寒い日本から少し暖かい所に行って暖かい鍋なんかを食べたいな~と思います。

あとはめがねが欲しいな~と思う今日この頃です。


みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

久々なのを長さでカバーしようと思っている訳ではないですが長くなって

しまいました。。。


それではまたーΞ^ェ^Ξ
2013/12/05(木) 16:41 | Tb:0 | コメントを書く:0 | | Shopping zone