- arthur ladys blog -
  
2011A/W SAN HIDEAKI MIHARA 新作バック
[新着情報] shabby chic
11ss-5-2-31.jpg11ss-5-2-34.jpg









新作バック入荷です

SAN HIDEAKI MIHARAは日本国内の生産にこだわるブランド

深いエナメルレッドが今年気分

スクエア型は バックを持つことを楽しんでもらえる形
だと思います 
11ss-5-2-32.jpg11ss-5-2-33.jpg




斜めがけもできちゃって 使用感も充実

60年代 主に海外の女優さんなどが旅行に行く際 スーツケースにバニティケース 帽子の箱 を手にたくさん持って出掛けてるシーンをテレビや雑誌で見たことありますよね

あれ とても好きです

このバックはあのイメージの延長線  意味がよくわからないですよね。。

やっぱり バックを持つことを楽しんでもらえれるバック

牛革エナメルコーティング/¥37800




11ss-5-2-15.jpg 11ss-5-2-16.jpg 11ss-5-2-17.jpg 11ss-5-2-18.jpg

これもいいんです  すごくです

牛革というのはよく聞きますが これはその中でも特別
程よい光沢を持ってます 形も使いやすくていいですがこれは素材に引かれてオーダーしました

革を触ると ぎゅっときしむような音がするっていう。。。
文章で表現するのは難しいです  余計 謎になりますか?

とにかく 革の質感が 素晴らしいバック



サイドのベルトを伸ばすと A4サイズも入ります

持ち手ベルトも調節できるので ダウンなど冬場のコートを着た時も肩掛けはきちんとできます

カラーはオリーブがかったグレイ  ¥50400


11ss-5-2-45.jpg 11ss-5-2-46.jpg 11ss-5-2-39.jpg


11ss-5-2-47.jpg 11ss-5-2-49.jpg s0509ss-47.jpg

今季はお財布も充実させました

お財布ってよくボロボロになった状態は良くないとか
2,3年以上連続して使わない方がいいとか聞きますね


長財布 上段 ¥26250  下段 ¥23100

※今回ご案内商品は全て SAN HIDEAKI MIHARA
 近日ホームページにて掲載予定です

 それ以前でのお問い合わせ  SHABBY CHIC 053-452-2677  shabby@arthur.gr.jp




数日前友人とランチにいきました

各テーブルにひとつ ピッチャーにおかわり用のお水を置いてくれるお店でした
ただ、そこはピッチャーの役目が大きめなグラスの店 だったのです


私は そのおかわり用のお水を直接 飲んでしまいました

友人は噴きだして「それ ちがくない!?」と大笑いしてました

関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫