- arthur ladys blog -
  
KARL DONOGHUE/カール ドノヒューのムートンシュラッグ★
rivegauche新着(Shinzoneシンゾーン取り扱い店)
こんにちはー。

ちょっとご無沙汰してしまいました。

週末はイベントにご来店ありがとうございました!

イベントという事で休憩取ってる場合でないので写真が撮れず…、

その後、お休みいただき、、今日に至ります。

では本日のご紹介させて頂きます!!



寒くなってきて、最近レザーやファーアイテムに注目の方が

やはり増えて来ている気がします。(本日もありがとうございました

以前から取り扱いのあるイギリスの毛皮のブランド”カール・ドノヒュー”の

毎年人気のトスカーナラムファーのシュラッグです。



こちらは男女兼用のタイプで、カーリー(自然なまま)ファーと

大きなホーンを象った留め具が特徴なモデルです。






見た目巻物のイメージなんですが、

*shrug/シュラッグとは :ボレロよりもさらに短い女性用の上着

という事で 巻物と言う感じよりは洋服に近いイメージで着られるアイテムですね。

ちょっとした(と言うには高価ですが・・)羽織り感覚でかなり使用方法も

幅広く、またやはりさすがの着映えアイテムなのです!






首回りに巻く感じで羽織ったり、肩まで覆うイメージ着用したり…

革のアウトラインのカット、大きさ、留め具の位置、またもっとも大きいのは

柔らかで体に馴染むラムレザーの質による所かと思いますが、

色々な巻き方をお楽しみ頂きながらアレンジしていって頂けます★




この辺り(浜松・・)ですとなかなかムートンのコートまでいくと

いつ着ていいのか迷ってしまう所、というお話も聞きますので

程よくいつでも、上質なファーアイテムをコーディネートに取り入れて

頂けるという使い勝手の良さも人気の秘訣の1つです。




そしてもう1つのモデルがこちらです。

大きくは同じ形のモデルですが、革の仕上げ加工、細部のデザイン

などが違います。

短いカールしたファーと長めのカールしたファーのムートンを上下で

裏表交互につないであります。

その為、少し折り返して巻いた際に内側の長めのファーが上に出て、

下には表面の短めのファーが見える感じになります。






そしてこちらは留め具のボタン(角)が2つ付いています。

これは長めに巻いた状態↑

そしてこちらは短めにした状態↓





(似た様な写真すみません。。どちらが良く見えるか不明で
とりあえず両方貼りました)

留めるボタンの位置でも違うアイテムのような使い方ができます。

また留め具の部分を中心にしたり、左右にずらしたりでも表情は変わります。

上質アイテムでお値段もやはり…という部分ではありますが、色々実用的かつ

おしゃれに着回しもでき、コーディネートがランクアップするアイテムなので

毎年人気があります!

こちらカラーは2色です。↓







本来、上質な毛皮のブランドなのでゴージャスアイテムもたくさん

なのですが(イギリスセレブ御用達!)、リブゴーシュではカジュアルに

日常からお使い頂けるタイプを選んでいます。

他にも毎年人気なイヤマフやアームウォーマーも同じムートン素材で

選んでいます。

上質感、暖かさ、心地良さに満足頂ける冬のアイテムです!!




物のみの写真撮ったのですけど、色具合などイマイチでしたので…

よかったら詳しくはこちらから →KARL DONOGHUE/カール ドノヒュー




それではまた







                -  -


関連記事

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫