- arthur ladys blog -
  
BATONER/カシミヤストール
rivegauche新着(Shinzoneシンゾーン取り扱い店)






以前から絶賛おすすめしているバトナーのカシミヤストールが入荷しました!



IMG_6812.jpg


IMG_6813.jpg


IMG_6814.jpg


IMG_6815_20181108151039202.jpg



カシミヤ100%のニット用の糸を生地用のシャトル機にてゆっくり丁寧に仕上げたストールです。

生地用の糸で生地を作る場合よりも、ニット用の糸は繊細で柔らかい為、

かなり丁寧な作業が必要になるらしく、ゆっくりと、手間隙かけ仕上げられています。

またこのゆっくりとした仕上げが、趣のある空気を含んだ様な膨らみ感と

暖かみのある風合いに繋がっているのだと思います!

生地の様なニットの様な風合いがなんとも表現が難しいのですが。。。

どちらの良い所も感じて頂ける一枚です!!



IMG_6824.jpg


IMG_6825.jpg


IMG_6817.jpg



綾織にしている事で生地にボリュームが感じられます。

本来カシミヤはとても細い繊維なので基本的にあまり厚みを出すのは

難しいと思うのですが、織り柄と大判サイズで程よいボリュームに仕上がっています。

しかも柔らかな織り地は、使っていくと揉まれてさらに空気を含んだような

ふっくら感が出てきます。

軽くて、ふんわりとした大判サイズのカシミヤストール、、、

持ち運びの際は畳んで小さくエコバッグなどに入れて頂いたり、

コートの上にも余裕でふっくら巻けるサイズ感となっています。

巻いた際の軽さとクッション性をぜひ感じて頂きたい

もちろん肌触りと暖かさは当然のごとく!です。

(最初の方のそれぞれ色を撮った画像のちょっとした指の跡のへこみが

クッション性と柔らかさの風合いを現している・・と後で思いました・・・笑)






そして無地だけでなくチェックも!



IMG_6820.jpg


IMG_6821.jpg


IMG_6822.jpg


IMG_6823.jpg



こちらもカシミヤ100%ですが、無地の物とは少し織りの感じも違います。

織り地が細かくよりきれいな風合いに仕上がっています。

赤のチェックでもかわいくなりすぎる事無く、上品にお使い頂けます。

スタイリングのポイントにも重宝するくっきりとしたチェック柄が毎年好評です





昨年はもう少し早い時期に上がって来たのですが、今年はこのタイミング。

ぜひ実物をご覧下さい

寒くなるのが待ち遠しいですね!

・・・と言っても、このカシミヤストールはそれ程寒くない時期~春先まで・・

お使い頂ける幅広さも好評なのでした(笑)







rivegauche
(火、水曜日定休)

〒430-0944
静岡県浜松市中区田町324-7 2F

TEL:053-454-2285
MAIL:rive@arthur.gr.jp

ONLINE SHOPはこちら>>



関連記事

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫